以前「東京舟運社会実験クルーズ2016」に参加しますとご報告いたしましたが、
内容に変更がありましたので改めてお知らせさせてください。
大まかに申しますと、クルーズの乗船料金の見直しと、ハロウィンイベントのお知らせです。

東京舟運社会実験クルーズ2016

そもそも東京舟運社会実験クルーズ2016とは何なのでしょうか?
東京舟運社会実験クルーズのホームページから抜粋します。

東京都では、東京2020大会に向けて、舟運を活性化させて、水辺の魅力を引き出し、舟運を「水の都・東京」にふさわしい観光・交通手段として定着させることを目指しており、地元区や学識経験者、舟運事業者とともに「水辺空間活用(舟運)ワーキンググループ」を立ち上げ、羽田空港と臨海部や都心などとを結ぶ航路の検討、検証を進めています。

 引用元:東京舟運社会実験クルーズ

東京の舟運活性化つまりは水運、水上交通、観光ツールとしての船・クルーズの活用と水辺の賑わい創出を目指します。
江戸時代は高度に発展した水上交通=舟運がありましたが、現在の東京では鉄道・自動車に交通は取って代わられています。しかも、水辺は非常に重要なことではありますが、防災面での護岸や堤防の整備のため、近くにあるのになかなか親しみを持ちにくい状況となっています。

舟運・水辺の活性化によって新しい東京が見えてくるかもしれません。

9月からスタートした社会実験クルーズも2ヶ月となります。
今まで無かった航路を運航することにより、見えなかった需要が出てきており、社会実験の意義を感じます。
クルーズ船が日常の足として定着すれば、活動の幅、選択肢も広がるでしょうし、今後クルーズ船を活用する場面が増えると思います。
dsc00962

冬季運航での変更点

2016年11月1日以降冬季運航に向けて、舟運社会実験の内容の見直しが行われます。
クルーズの運航コースについては変更は無く、今まで通り「羽田空港~浅草 縦断ルート」、「日本橋~有明 横断ルート」、「天王洲~勝どき~日の出 周遊ルート」の3つのルートでクルージングをお楽しみいただけます。
ただしダイヤにつきましては変更があります。

  • 「羽田空港~浅草 縦断ルート」はリムジンボート(火・木:予約のみ)、オリエンタル(金・土)、バズ(金・土)の3隻体制。
  • 「日本橋~有明 横断ルート」はエスエスセレナーデ(月・水・金・土・日の日本橋桟橋が利用できる日の午後)
  • 「天王洲~勝どき~日の出 周遊ルート」は夢観月(金・土・日)

詳しくは東京舟運社会実験クルーズ2016ホームページをご確認ください。

またクルーズの料金も変更があります。より多くの方にご利用いただけるように乗船料金の見直しを行います。
現在バズ号で運航している「有明」⇔「浅草」のルートでは1500円となり、「羽田空港」⇔「浅草」で「有明」乗換で乗船した場合は、計3000円となります。

ハロウィンイベント開催!

11月からの変更に先立ち、天王洲地区にて10月28日(金)~30日(日)までの3日間限定のイベントを行います。その名も「天王洲キャナルフェス2016秋」。水辺の魅力発信や、ハロウィンに因んだアトラクションを予定しています。また28日~31日までの期間、全コース「ハロウィン割引」として乗船料の割引を行います。
Print

まだクルーザーにご乗船になっていない方は、ホームページでの事前の予約、もしくは当日の桟橋での受け付けも行っておりますので、ぜひご活用下さい。

関連項目

東京舟運社会実験クルーズ2016に参加いたします

バズ