本日2016年11月4日は晴海客船ターミナルに豪華客船の「にっぽん丸」が着岸しておりました。
昨日晴海客船ターミナルへ入港し、本日16時にベトナムのホーチミンへ向け出港しました。

にっぽん丸とは?

890
飛鳥Ⅱと並ぶ日本を代表する豪華客船です。
商船三井系の客船で、1990年に進水した本船は3代目のにっぽん丸となります。三菱重工神戸工場で建造されました。
総トン数は22,472トン、全長166.65m、全幅24.00m。定員は524名となっています。

船体は白と濃紺のツートンカラーでとても高級感があります。これは2010年の大改装の際に塗り替えたもので、それ以前は白一色の船体カラーでした。

船内設備には豪華客船には欠かせない、プールやホールも完備。2箇所のダイニングルームで食事を楽しむこともできます。
678

679

ステートルーム、バスタブ付きのデラックスルームと部屋タイプも様々。この内デラックスルームだと豪華客船の憧れバルコニー付きのお部屋もあります。専用バルコニーでモーニングコーヒーなんか飲みながら、海を眺めたいものですね。
また、最高級スイートルームはジャグジー付き。しかもあなたのための専任のバトラーまで…。
さすが至れり尽くせりの豪華客船の旅ですね。
234

345

世界クルーズの旅

にっぽん丸では海外へのクルーズから、国内の1泊クルーズまで様々なメニューが用意されています。
直近だと12月のクリスマスシーズンに合わせた、サンタクルーズが東京・名古屋・神戸で行われ、40,000円から。2泊3日の花火鑑賞付きの瀬戸内海クルーズは83,000円からです。
2016年最後のクルーズは年またぎのサイパン・グアムへの9日間のクルーズとなっています。こちらは328,000円〜1,640,000円とゴージャスな価格設定。一体どんなクルーズが待っているのかワクワクしますね。

晴海客船ターミナルとにっぽん丸

にっぽん丸が晴海客船ターミナルに着岸していた様子をYouTubeにUPしましたので、ぜひ御覧ください。
大きな船体が迫力あります。